読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

2017年は統合する年にしたい

日記

 

あけましておめでとうございます!

 

「新年が遅れてやってくる街」ロサンゼルスにもようやく2017年がやってきました。

 

わたしは毎年「自然の中で新年を迎える」のが好きで、これまで大体ミニ旅行に出かけて旅先で新年を迎えていましたが、今年は、2人とも年末から風邪気味だったので、無理せずロサンゼルスにステイ。

 

リトル東京のお正月イベントに足を運んできました。

 

f:id:calibaby:20170102143828j:image

 

餅つき、三味線演奏、その他様々なベンダーが並んでいたのですが、「お雑煮」がなかったのが残念。お餅も、固くて冷めていて、「コレジャナイ」感満載でした。こんなに粉つけないで、もっと、お湯につけておくべきだと思います。あと、からみ餅を用意するべき!これ、ちょっと日本から来た人が本気でブース出したら、めちゃくちゃ儲かる気がしますが、どうなんでしょ。

 

帰宅してからがっつりお雑煮とからみ餅作って食べました。

 

まぁ、アメリカでは、お盆祭りで「団子」と書かれたベンダーで売っているのが「サーターアンダギー」だったりしますからね。リトル東京は日本ではないのです。

 

f:id:calibaby:20170102143815j:image

 

続いては、高野山別院にて、お参り&お守りをゲット。これも、神社ではないので、鳥居と柏手などはありません。なんとなく物足りない気もしますが、雰囲気的に十分ぽいので、まぁよいか。

 

f:id:calibaby:20170102143806j:image

 

お守りは、前回と同様の身代わりのお守りの赤色にしました。

 

本屋というか、文房具屋として人気の紀伊国屋で10ドルの福袋をゲット。ここは中身が見えるので「石から生まれたノート」Ogamiと、あとペンがいくつか入ったものにしました。

 

 f:id:calibaby:20170102143044j:image

 

タングラムパズルは楽しいのだけど、なんかケースが微妙…。

 

イタリア生まれのOgamiは、さらさらツルツルで、不思議な書き心地です。ただ硬い鉛筆や細字の筆記具、万年筆とは相性がよくないみたい。Hi-Tech-Cの極細ペンだと気持ちよく書けましたが、色鉛筆とかがよいのかな?色々試してみたいと思います。

 

財布好きのFちゃんは、紙なのに丈夫で破れない極薄財布「マイティーウォレット」ぽいやつと、モレスキンの入った福袋を選んでました!

 

f:id:calibaby:20170102143416j:image

 

あとは、POP KILLERという雑貨屋でも福袋。ここは20ドル!前も買ったことあるのだけど、まぁまぁでした!

 

f:id:calibaby:20170102143001j:image

 

f:id:calibaby:20170102143008j:image

 

 毛糸の帽子2つもいらなかったかな…。ソックスとTシャツは嬉しい!

 

さて、今年の目標は、タイトルでも書きましたが、「統合」です。

 

ゲイとして生きてると、いつの間にか人間関係が「コミュニティとそれ以外」に分かれていると感じることがあります。

 

他にも、日本人社会とそれ以外だとか、仕事とプライベートとか、また、ブロガーとしてのアイデンティティとか、いろいろ。

 

それは自分が生きやすいようにコントロールしてきたやり方ではあるし、これからもそういう場面ごとに最適化された振る舞いをしていくとは思うけど、もっと、それぞれの場面で、「統合された自分」でありたいと最近は思うのです。

 

例えば、ゲイコミュニティ。わたしは日々の生活の中でゲイの仲間を見つけてきたタイプではなく、コミュニティにお世話になってきたタイプであり、今も自分にとって、コミュニティが不要になったわけではないのですが、既にパートナーやゲイ友達がいる自分にとって、その重要性は確実に低く成りつつあります。 

 

今、自分はストレートの友達を含む友達家族や、近所つきあい、コミュニティ以外の仕事や趣味で知り合ったゲイカップルたちなどと堅実なつきあいを深めていくことが優先順位なのかなぁと感じるのです。

 

それは自分の周りのレズビアン友達を見ていても感じることです。皆人生の新しいページを開いていっていて、その中で「一緒に飲み歩いた遊び仲間」と「これからも長いことつきあっていく大切な友達」は確実に振り分けられていってるよなぁ……と。

 

自分が変わっていくこと、周りが変わっていくのを実感すること……それは時に年を取っていることの確実な証拠のように思えて、恐ろしくなる時もあります。でも、そこに確実にある変化を無視したり、否定したりするのではなく、わたしはそれをしっかりと見据えて、成長していきたいのです。

 

ブログもそうです。LGBTについて、これからも書いていくとは思いますが、それ「だけ」に特化したブログを書こうとすることはもうないでしょう。  

 

それはさみしいことでもありますが、自分にとって書くモチベーションをキープするために必要な割り切りでもあります。

 

ま、またいつ気が変わるかわかりませんが……。

 

2017年もどうかよろしくおつきあいくださいませ。