読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

面食いが盲目に恋した話

日記

わたしは面食いです。  

 

友達からは「変な顔が好きだよね」と失礼なことをよく言われますが、自分なりに顔にはこだわってるわけで、一般的に美人じゃないとしても、素敵な顔だ〜と思わないと、好きになれません。

 

もちろん、顔だけで好きになってるわけじゃないけど、顔が気に入らないと、なかなか好きにはならないのです。 そんで顔が好きだとなかなか離れられないのね。

 

でもでもでもね。

 

そんなわたしでも、例外もあります。 

 

それがネットで知り合って、文章を通じて好きになる場合ですね。

 

わたしの場合はブンガク的文章とか、詩的な表現とかではなく、この人の分析鋭い!とか、なんて頭がよい人なんだー!ってので好きになります。この訳語間違ってますよ、とか指摘してくれたり。この本よいですよって、オススメの本を紹介してくれたり。

 

文章だけで好きで憧れてるのに、そーゆー交流を持つようになったらもう完全に大好きになりますよ。 

 

顔も性格も、なーんにも知らないのにね。

 

あはは。

 

でも、大抵の場合、わたしはアメリカに住んでいて、相手と実際会える機会も少ないし、そもそもお互いに恋愛対象になる可能性も低いので、それ以上関係が進展することはありません。

 

とゆーか、どちらかにパートナーがいる場合もあるし。わたしも今そうだけど。

 

そもそもそーゆー場合の「好き」ってゆーのは、何も「つきあいたい」とか「やりたい」っていうのがゴールでは全然ないし、そーゆー意味で口説きたいとかもないんですよね。 

 

だから、恋愛とは多分違うと思うんだけど、でも好きは好きなのですよね。憧れって言った方がよいのかなぁ?

 

さて、そんな感じで、かなり昔、ネットで知り合った人のことを好きになりました。