読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

サンフランシスコ村だけじゃない! ペルーでアヤワスカ体験ができる場所まとめ

ペルー旅行

Optical

アヤワスカって聞いたことありますか?

アヤワスカはアマゾンで自生する植物です。アヤワスカにチャクルナなどの植物をブレンドして作るドリンクには、幻覚作用があり、古くからアマゾンでシャーマンが「メディシン」として儀式のために使用してきました。

古くは、バロウズやギンズバーグが「ヤヘイ(Yage)」と呼ばれたアヤワスカを求めてアマゾンに渡り、後に『麻薬書簡(The Yage Letters)』として出版。

近年では、そのサイケデリックな作用によるスピリチュアル体験や変革やトラウマの治療などが注目を集め、多くの観光客がアヤワスカ儀式を目当てとして集まるようになりました。これが、いわゆる「アヤワスカ観光(アヤワスカ・ツーリズム)」です。

この様子は、CNNのドキュメンタリーにも登場。アヤワスカは、確実に知名度を高めています。

今回は、ペルーにそれ目当てで行く人も多いであろうアヤワスカの儀式が体験できる場所についてまとめてみました。

サンフランシスコ村

日本語でアヤワスカ体験を検索すると、とにかく出てくるのが、このサンフランシスコ村での体験談。しかも、皆シャーマン大体同じ人w 日本人観光客ががたくさんいるっぽい雰囲気です。

有名どころだとこんな感じ。

Supine Healing Center(スィピーノ) https://www.facebook.com/SuipinoHealingCenter/

サンフランシスコ村への行き方としては、リマ(Lima)→プカルパ(Pucallpa)→ヤリナコチャ(Yarinacocha)→サンフランシスコ村(San Francisco de Yarinacocha)らしいです、リマから移動に丸一日かかるらしい。遠すぎでしょ……。

ペルー観光で有名な街でシャーマン体験ができるなら、それでよくない?とも思う。でも、サンフランシスコ村は、村全体がシャーマンの村っぽい感じなので、ちょっとどんなとこなのか、気になるところもあります。歴史とか調べたかったんですが、情報がうまく見つかりませんでした。San Franciscoって打つと、カリフォルニアのサンフランシスコでの情報ばっかりになっちゃうんですよね。

あ、でも実は、サンフランシスコ村まで行かなくても、アヤワスカの儀式ができる場所は沢山あるらしいです。ちょっと調べたのでリストにしておきます。

クスコ

クスコでは、街中に「アヤワスカ体験」をうりにしている街中にお店があるのだとか。 そんななかでも比較的大規模にリトリートをやっているのがここ。

Etnikas

  • アヤワスカ3日間リトリート(アヤワスカ儀式2回) 525ドル
  • アヤワスカ5日間リトリート(アヤワスカ儀式3回)875ドル
  • アヤワスカ7日間リトリート&マチュピチュ(アヤワスカ儀式3回) 1300ドル

ものすごくオーガナイズされた感じで、英語も通じるそうなので、アメリカ人には人気っぽいです。

アヤワスカの儀式が複数回受けられて、さらに、メディカルチームがその場にいてくれるのがうれしいところ。また日中は医師もいて、体調をチェックしてくれます。

食費と滞在費込み。さらにヨガやマッサージなども含まれています。

7日間のリトリートだと、マチュピチュへの列車代、マチュピチュでのホテル代、マチュピチュでのチケット代やガイドまでついてきます。決して安くはないですけど、いろいろ個別に手配するのが面倒な人にとってはいいかもですね。

リマ

リマ郊外にもアヤワスカセレモニーが体験できる場所があります。

Ayahuasca Chaman http://ayahuasca.com.pe

リマ郊外のこちらは、セレモニー1回で55ドル。リトリート形式ではないので、気軽に体験できそう。

さらに、ここは、アヤワスカドリンクの販売もしています。しかも世界中に通販もしてます。

「ご心配なく、パッケージの中身はあなたにしかわかりません」って書いてあるけど、そういうことじゃなんじゃないのw

オランダとかでもそうなんですが、あまりにオープンにいろんなものが売っているので「あ、いいのかな」と思ってお土産で買ってしまうと、あとで問題になったりします。ペルーの人が「大丈夫大丈夫」と言ってるものを信じて簡単に国境超えて持ち出さない方がよいですよ〜!しっかり自分の滞在している国、旅先の法律を調べて、法を犯さないようにしてくださいね。

「聖なる谷」

クスコとマチュピチュの間あたりの「聖なる谷」でリトリートが行われます。

  • アヤワスカリトリート8日間(アヤワスカ儀式3回) $997 USD

早めに予約すると100ドル割引で897ドルになるとか。

アヤワスカの他にも、様々なヒーリングのセッションが用意されており、ヨガ・瞑想のクラス、太極拳や気功のクラスなども受けられるそうです。

詳細はこちらからごらんください。

イキトス

イキトスはアマゾン川沿いの街で、アマゾン観光などで有名な街。「陸路ではいけない世界最大の町」といわれており、船か飛行機でしか町に入れないんだとか。アマゾンと言うとブラジル!というイメージだけど、実は、ペルーも国土の多くがアマゾンの熱帯ジャングルなんです。

そんなアマゾンの町、イキトスでもアヤワスカ体験をできる場所があります。そもそもアヤワスカはアマゾンの植物ですからね。当たり前といえば当たり前か。

Kapitari http://www.kapitari.org

  • アヤワスカリトリート7日間(アヤワスカ儀式4回) 750ドル

これは、今回調べたリトリートのなかで、一番アヤワスカ儀式の回数が多いですね。アヤワスカの儀式は、何回かする方がよいそうなので、これはお得かも? フルーツバスとか、マッドバス(泥風呂)とか含まれているようです。もちろん、リトリートなので滞在費や食費はすべて込みです。

冒頭のCNNのドキュメンタリーはイキトスで撮影されており、イキトスには結構シャーマンが多いようです。また、商業化/観光地化が進むサンフランシスコ村のシャーマンよりも、よりオーセンティックな体験ができるという人もいます。

アヤワスカ体験談

ネットで見つけた日本語のアヤワスカ体験談をまとめておきます。

アヤワスカ体験記(幻覚と嘔吐) | 世界一周 旅流しの刑

精霊師シャーマンと世界最強のアヤワスカ。 - かで&ぐりこの IKI IKI TRIP!!!

シャーマンってすげぇえ!って思ったアヤワスカ体験!幻覚、幻聴、ゲロに!! - 3バカ兄弟の日常

Missing piece 秘薬アヤワスカ Ayahuasca に挑戦。 Day 1

【アヤワスカ】ペルーで本物のシャーマンに会う方法 | 世界中の夢を叶えながら世界一周

IN MY HEADした旅のOMOIDE.: Pucallpa・Comunidad Shipiba San Francisco/プカルパ・サンフランシスコ村

シャーマンとの出会い。アヤワスカ体験記|もりフーフの世界一周旅日記〜夫婦で世界2周2年66カ国訪問のその後〜

↑イキトスでの体験談です。

アヤワスカの儀式 本物のシャーマンは愛です | Entheorg

↑ニューヨークでの体験談です。

番外編:アメリカでのアヤワスカ

実は、アヤワスカは、アメリカ国内にも入り込んできており、スピリチュアル体験を求めるヒッピーや都市部エリートの間で密かに儀式が行われています。こういう様子は、既に、映画にも登場しています。

映画『ふたりのパラダイス(原題:Wanderlust)』でジェニファー・アニストンがアヤワスカを飲んでトリップするところ。

ふたりのパラダイス [DVD]

ふたりのパラダイス [DVD]

While We're Young - The Ayahuasca from Melissa Virzi on Vimeo.

ナオミ・ワッツとベン・スティーラーがアヤワスカの儀式に参加するところ。

アメリカでは、アヤワスカに含まれるDMTは指定薬物として規制されています。しかし、Drug Enforcement Administration (DEA =いわゆる、麻薬取締局)に対して、「宗教的な目的のために、例外的に合法に使用できるように」という許可を得てアヤワスカ儀式をしようとしている団体があります。ネイティブ・アメリカンが儀式に使っていた「ペヨーテ」というサボテンも同様に、ネイティブ・アメリカン教会などが裁判を通じて使用を認めさせてきたという歴史があります。幻覚作用がある植物でも、こういう決められた場所での儀式というのは、リクリエーショナル使用とは異なる、という認識があるわけです。だから南米でもアヤワスカの儀式は「シャーマン」が行う場合に限って認められています。サイケデリックとかトランスというと「パリピ」とか「セックス」という印象を持っている人がいるかもしれませんが、アヤワスカは、決してレイブで踊るためとか、「キメセク」のために使うものではないのです。

また、アヤワスカの宗教的な側面というより、医療的な側面に注目し、治療効果を強調している人もいます。冒頭で紹介したCNNのドキュメンタリーでも触れられていますが、実際依存症の治療や、退役軍人のPTSDなどの治療のために使われています。

アヤワスカに何を求めるのかは人それぞれですが、多くの人を惹きつけてやまないこのアマゾンの植物。儀式のために亡くなった人もいるので、くれぐれも気をつけましょう。お酒でも飲み過ぎで亡くなる人はいるのだから、不幸な事件のすべてがアヤワスカのせいとはいいませんが、充分な知識や準備がない状態で、うぇーい!って事件を起こす人がいると、「アヤワスカは危険だー!」として、後々厳しすぎる規制がされることになりますからね。

※内容は2016年9月現在のものです。

インターネット上に出ている情報をまとめただけなので、情報の正確性は保証しません。 必ずご自分で調べてください。

あと、現地では、意外ともっと気軽に情報があると思いますし、現地の料金はもっと安いと思います。

インターネットにウェブサイトを持って大々的に商売しているヒーリングセンターだけでなく、個人的にやっているシャーマンがたくさんいると思うので。 もしも現地に行かれて「ここでもできるよ」「こうだったよ〜!」っていうのがあれば教えてください。

体験談などにリンク貼らせていただきます&情報追加させていただきます。

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com