読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

ブロガーとライターの違い

生き方・考え方 ブログ運営

photo by Mike Licht, NotionsCapital.com

ブログーとライターって、似てるようでかなり違いますよね。ライターとブログ両方やってる人でも、どちらに軸足があるかで性格が違うような気がします。

わたしがブログをはじめたのは実は約10年前。こう書くと経験豊富かのように聞こえますが、完全に趣味ブログで、アクセスアップやマネタイズとか戦略的に対策をせずにボーッと書いてたので、ブログ運営の経験値としてはゼロ。何年書いてもマイナーブログで、収益はもちろんゼロ。しかし、約1年前にはてなブログを作りさまざまなブログを読むうち、何かに目覚めました(謎)

peticonbu.hatenablog.com

suzukidesu23.hateblo.jp

↑ここらへんのエントリにも触発されてます!

そこで今回はブロガーのわたしがライター仕事をしてみたり、逆に友達のライターさんに「ブログ楽しいよ!」っておすすめしてみたなかで見えてきた、それぞれの違いを書いてみます。←あくまでへっぽこブロガー寄りのわたし目線からの感想なので。異論反論あったら、教えてくださいね!

お金にならなくても書くブロガー、「お金にならないのに何で書くの?」なライター

ブログを毎日のように書いていてよく言われたのがこのセリフ。

「一銭にもならないのに、よく書くね」

ブロガーとライターの大きな違いは、結局、ライターが職業なのに対し、ブロガーは必ずしもそうではないということ。ライターが必然的にお金を産むのに対し、ブログって「一銭にもならない」んですよね……(哀)

もちろん最近では、マネタイズ上手なブロガーやプロブロガーも増えてきて「お金にならなきゃ書かない」と言うブロガーもいるのかな?と思います。しかし、わたしはこういうプロブロガーはまだまだ少数派で、むしろこういう人は「コンテンツも作れるウェブプロデューサー」とでも呼んだほうが正確なのでは、と思ってます。

多くのブロガーは、マネタイズを夢見つつも、それが第一のモチベーションではないため、「お金にならなくても書き続ける」のではないでしょうか?

さぁマネタイズ!アフィリを考えるブロガー、印税生活を夢見るライター

とは言え、もちろんブロガーだって、稼ぎます!さて、書いて稼ぐぞーっ‼︎てなった場合、一本いくらの仕事を受けて稼ぐのはライターもブロガー共通。しかしさらに他のマネタイズ方法ないかなーっと考えた場合に、ブロガーは、「アフィリエイト」に走り、ライターは割とすぐ「出版」を考える気がします。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

『ブログ飯』は中身をまったく知らずに、読んだら「アフィリエイト」の話だったので、驚きました。

もちろん、印税で稼ぐブロガーさんもいらっしゃいます。

かん吉さんも、アフィリエイトをされていますが、著者によれば「電子出版」をブロガーの一つの「出口戦略」 とされているようです。

好き勝手書くブロガー、依頼されたものを書くライター。

好き勝手……というのは語弊があって、ブロガーだって、ブログのテーマや、セルフブランディング、マネタイズなどを意識しだすと、どんどん好きなように書けなくなります。敵作りたくないしね……。

それでも「依頼されたものを書いて金を貰う」というライターの制約に比べたら、ブロガーはまだまだ相当自由。しかも、マネタイズしてないブログほど自由。これって、「精神的自由のためには、経済的自由が必要」という真実のブログ的あらわれだと思います。

まあ、皆お金は必要ですからね。依頼仕事をこなしながらも、好き勝手書ける「ブログ」を持っておくのは、ライターにとってもブロガーにとっても割と有効な精神安定剤なんじゃないかと思う。

字数にルーズなブロガー、字数にシビアなライター

なんてったって、ウェブは書き放題!どんなに長くてもOK!ビバ!インターネット!と言うわけで、ブロガーのほとんどは、字数を気にしないで書いているのではないでしょうか。

わたしも、まったく意識してません。あえて言うなら「長文偉い」的な価値観で書いてました。

しかし、ライターにとって字数は大事。物理的に制約のある紙メディアはもちろん、ウェブメディアでも字数を意識して書く必要があります。長ければいいってもんじゃないしね……。

締め切りのないブロガー、締め切りなきゃ書けないライター

字数と同じく、「締め切り」も、多くのブロガーには関係のないもの。あえて言うなら、「毎日書く!」と言うような自分でたてた目標がそれに近いのかな。

しかし、ライターにとって締め切りを守ることは超重要!……これも、仕事として取り組むことから出てくる当然の要請。むしろ、「締め切りがないと書きだせない!」という人も結構いるようです。

まとめ

こうして考えてみると、実ははじめに大きな違いだと考えていた、「それが職業かどうか/プロかどうか」という点が、本質的な違いではない気がしてきます。

  • クライアントのために書くライター
  • 自分のために書くブロガー

実はこれこそがライターとブロガーのもっとも大きな違いなのではないでしょうか。

「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方

↑ブロガーとしては、この本も相当参考になりました。そこまで考えて意識的に運営してるんだ!と。