読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

コカ・コーラ、ペプシ、日産、トヨタ…ミシシッピ州の反LGBT法に対して、大企業が反対表明

アメリカ 政治 クィアライフ

photo by JeepersMedia

ミシシッピ州では、先週もっとも極端な反LGBT法と言われる「宗教自由法」ことHB1523が可決し、今週頭に実業界からの反対を押し切ってフィル・ブライアント知事(共和党)が署名、成立しました。

これに対し、大企業が反対を表明し、HB1523を撤廃するように求めています。全米最大のLGBT団体HRCによる公開書簡には、コカ・コーラ、ペプシ、インテル、ヒューレット・パッカード、リーバイス、ホールフーズ、GE、ダウ・ケミカル、などの企業が賛同しています。また、ミシシッピ州に工場を置く日産やトヨタなども本法律に対して反対を表明しています。

ミシシッピ州の経済と、「差別」のコスト

ミシシッピ州は、奴隷制が残っていた時代、綿花のプランテーションなど、全米でももっとも豊かな州のひとつでしたが、現在では全米50州のなかで最も貧しい州となっています。州内の失業率は6.5%と、アラスカ州、ウェスト・バージニア州に引き続き全米3位という高い水準です。

現在のミシシッピ州の主な産業は、自動車などの製造業、そしてギャンブルなどの観光産業となっており、外国企業としては日本企業がもっとも大規模な投資をしているそうです。今回の件で「差別の州」というイメージが強くなり、観光客の減少、連邦補助金カットや、トヨタや日産などの巨大雇用主が撤退などということになれば、州の経済状況はより悪化し、州民の生活が苦しくなることが予想されます。*1

さっそく、こんな「ミシシッピ州へ観光に行こう!」パロディ動画も公開されちゃってますしねぇ。

yuichikawa.hatenablog.com

性自認、性指向を問わず、全てのミシシッピ州民の生活のために、ブライアント知事がよりよい決断をすることが望まれます。

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com


皆様からのポチッが更新の原動力★「役に立った!」「この後気になるう〜」と思ったら、シェア、応援クリックなどお願いします!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ←日系企業も抗議頑張れ。

*1:実際、トランスジェンダーに対して差別的な法律HB2が成立したノースカロライナ州では、90を超えるテック企業から抗議が集まり、実際にペイパルが事業撤退を発表するなど、早速影響が出ています。