読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

ひとりぼっち惑星でこんなこえを受け取りました

ゲーム

最近、ツイッターで見かけて気になっていたゲーム「ひとりぼっち惑星」をプレイしています。

ひとりぼっち惑星
無料
(2016.07.02時点)
posted with ポチレバ

ジンコウチノウが戦争を続ける星で、唯一残されたいきものであるあなた。部品を集めることで、アンテナを大きくし、そらからの「こえ」を受信していく……というものです。

影絵のような機械の描写と、物悲しい音楽が独特の雰囲気を生み出しています。

初めの方は、公式のメッセージが少しずつ配信され、この世界観のバックストーリーが徐々に明かされていくのですが、この物語もよい。何というか、SFっぽくて、想像が広がるんです。

アンテナをマックスに大きくすると、このゲームをプレイしている他のユーザー(誰かは分からない)が送信した「こえ」が受信できるようになります。

また、「そうしんき」を作ることにより、自分も「こえ」を送れるようになります。これも、誰に届いたのかはわかりません。

わたしは、一応アンテナをマックスにするところまでは行きましたが、まだ「ひとりぼっちの皆」からのメッセージを受け取るには至っていない→いきました。

受け取った「こえ」はこんなもの

わくわく。

こえをうけとる前に、時間がかかるのです。

受け取りました。

一発目はこれ。

じーん。

なんか、百合的解釈もできる。

続いてはこれ。

じーん。ゲームの世界観とあっていて素敵。

続いては……。

えっ?

「ゆうくん?」

ゆうくんという彼氏と別れた女の子からの声でした……。

わたしに届くなんて、偶然だな…。

こんなのもあった。

世界観ズレてるけど、うまい。面白い。つか、お腹すいたー。

たまったこえは見返せます。……といっても、こんにちはとか、こんばんはの一言のやつはぶっちゃけがっくりですね。

こえを受け取るまでにそれなりに待たなければいけないので。

でも大体は面白いです。 なんなんでしょうね、これ。

ひらがなだから?

世界観なのかな?

妙にしんみりしました。

匿名同士で一方的にメッセージを送るというシステムは意外と以前からあります。

「ボトルメール」もそうだし、2chやはてなの増田など「匿名でのコミュニケーション」は不思議と人を引き付けるものがあるような気がします。

わたしも、かつて個人サイトをやっていた時、名前もメアドもURLなどを消して、ただ「メッセージ」が表示される掲示板を設置してたことがあります。誰が書いたのかわからないメッセージだけが表示される掲示板ですね。今考えると荒らしとか怖いですが、当時、わたしのサイトのビジターさんはほとんどがお友達や相互リンクの相手だったので、そこまで考えが及ばなかったのです。程よく過疎っていた個人サイトでもありましたし、時折リロードすると「ポツン」と現れるメッセージが妙に心地よかったものです。

結局わたしもそうなんですが、

ずっと孤独を感じていて、

別にだから不幸だというわけでもないし、

無理して、友達を沢山作ったりしたいわけでもないのですが、

立場とかしがらみとか好悪を超えて、 純粋に「言葉」を通じて人とつながりたいんですよね。

だから、ずっとこうしてブログを書いたりしてるわけです。

書けなくなる時が、ありながらも、それでも、書くわけです。

それは「読まれたい」から書いてるわけだし、それは「一人でも多くの人」にじゃなくてもよくて、たったひとりでもよいんですよね。

たったひとりでも、この電波の向こう側にいる誰かに、自分の「声」がとどくのなら、それで何か救われるような気がする。

多分そんなの幻想にすぎないのかもしれませんが、それでも、そんな幻想を持った自分にとって、このゲームはフィットするものでした。

わたしも、どこかの星に向けて「こえ」を送ってみたいと思います。

それを「じゅしん」するのは……もしかしたらあなたかもしれませんよ!

ひとりぼっち惑星
無料
(2016.07.02時点)
posted with ポチレバ