読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

コミュニティ・カレッジのアートクラスに行ってみました。

アート

わたしの彼女は今オンラインで大学院に通っています。それに触発されて……ではないですが、わたしもカレッジに行ってみることにしました!

 

といってもこれは、単位や学位が貰えるものではありません。一部、サーティフィケートを貰えるクラスもありますが、わたしが今回行ったみたのは、というか、人物画のためのワークショップというものです。大学というより、カルチャーセンター的なやつねw

 

それでも、アメリカで学校に行ったことがないわたしにとっては、キラキラしているものです! 

 

ワクワクしながら、カレッジに到着し、車を停めます。広大な敷地は多くの生徒がここで学んでいることを思い知らされます。皆ちゃんと学校行って偉いなぁ。

 

駐車場からいよいよキャンパスへ歩いていく と、なんだろう。ラクロス?チアリーダー?何かキラキラした体操服を来た女子たちが連れ立って体育館から出てきます。そして、芝生には、若者が座って談笑している……。

 

ま、眩しいよぉ^^;

というか、怖いよぉ!  

 

学生時代、非リア充だったわたし。今でこそ女装の鎧をまとって世間の視線に負けないように武装してはいるものの、その日は朝イチで時間がなかったので、すっぴん&ものすごくかっこ悪いけど暖かいコートにニット帽という怪しい格好。いや!誰にも見られたくないっ!←だから誰も見てない。 

 

逃げるようにして、小走りで校舎に入ると、中は、薄暗くて、カビ臭く、なんとも言えず落ち着く^^; 

 

お目当ての教室に到着すると、なんと生徒はわたし以外に3人しかいない。キャップ帽を被ったアジア人の若い女の子と、白髪白髭のお爺さんと、ちょっと年配のメガネのラテン系の男の人。

 

3時間の授業なのですが、とりあえず、モデルを囲んで、1分のポーズ、5分のポーズ、10分のポーズ、15分のポーズ……と進んでいきます。

 

f:id:calibaby:20170201160545j:image

 

ううー。絵を描くのが久しぶりのためか、全然鉛筆が動かないぃぃい。

 

そして別に先生は何も教えてくれず、ぼーっとコーヒーを飲んでいます。 

 

休み時間に「あの、先生、絵の描き方は教えてくれないんですか?」というと、「あ、これは単なるワークショップなので、特に教えるのとかはないんです」とのこと。うーん……。ちょっと残念。 

 

「ってゆーか、僕より全然うまい、ディズニーのアニメーターとかが、描きに来たりするので……」

 

だって。さすがエンタメの街。ロサンゼルス!

 

でも、質問とかあったら聞いてよいということなので、そもそも人ってどうやって描いたらいいですかね?と漠然とした質問を投げつけてみると……

 

「制限時間内で体全体を描くこと!手とかの細かいところは、線だけでもよいので、体全体を捉えるように頑張ってみようねー」とのことでした。「後はとにかく描いて描いて描きまくること」だそうです。


うーん。わかったようなわからんような。

 

他にも人物デッサンを練習できる機会はいろいろあるので、皆、頑張りましょ〜!


▼ロサンゼルス人物デッサン会リスト
(Figure Drawing Classes and workshops in Los Angeles)


http://yuichikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2265.html