読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

映画『モアナと伝説の海』感想(ネタバレあり)

レビュー 映画 人種

ディズニーの最新アニメ映画『モアナと伝説の海』観てきました!

 

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<英語版>


あらすじ

 

海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

 

(公式サイトより)
http://www.disney.co.jp/movie/moana/about.html


感想(ネタバレあり)

 

んー、別につまんなくはないですが、ものすごーく普通です。 

 

モアナとアナ雪は似てるのか?

 

わたしは複数の人に「アナ雪好きなら好きだと思うよ〜」と言われて、期待してましたが、ストーリーが圧倒的に単純で、子供向けですね。

そこがよい!って人もいるでしょうが、モアナとアナ雪を比較するのはアレなんじゃないかなぁ〜と思いました。

 

ただ、モアナとアナ雪が似ている点も確かにあって、それは少女が冒険しながら「本当の自分」を見つけながら成長する物語である、というところ。←あ、カムアウト要素はなしですが。

 

モアナは、村にいる時から、海に惹かれ続け、「海に選ばれた」ことを理由として海へと向かいます。それはまた本来島から島へと航海を続けて来た自分たちのルーツを思い出すことにも繋がっています。 

 

モアナとジブリは似てるのか?

 

あと、ジブリからの影響を書いている記事も見かけましたね。確かにクライマックスのあのシーンがナウシカだよね〜とか、あの海の描写がポニョだよね〜とかゆーのはありますが、全体的には、比べたら申し訳ないレベル。

  

素晴らしいポリネシアの自然描写

 

あ、でもね、モアナと戯れる海の描写は素晴らしいです。海の他にも、咲き乱れる花の感じとか、黒く固まった溶岩とか、そこらへんにいる豚や鶏の感じなど、自然の描写がすごい美しい!

 

ハワイを思い出しますね!行きたくなりました。

 

ヒロインのモアナも色黒&豊かな黒髪な感じ、ディズニー初のポリネシアンヒロインはよい感じでしたー。あと歌もなかなかよい。

  

ディズニー映画 モアナと伝説の海 モアナ グッズ マウイ ぬいぐるみ 人形 Mサイズ 38cm おもちゃ 玩具 キッズ ギフト プレゼント [並行輸入品]

マウイの描写については「太りすぎだろ」とか、また、ディズニー公式がハロウィン衣装として、マウイのタトゥーの衣装を売り出すなど、色々批判もありました。*1

 

マウイと、「女性への暴力」

 

でも、個人的にはマウイ、体型とかじゃなくて、キャラが微妙でした。実は人の両親から生まれ、神に拾われて半神となった生い立ちにはホロリと来ましたし、いい奴なのもわかるんですが、勘違いキャラとゆーかウザいとこがあるし、テ・フィティやマウイに対する暴力的とも思える態度はちょっと拒否感でしたね〜。もちろん、ここらへんは、わたしの考えすぎかもしれないけど、マウイのモアナへの仕打ち(特に前半のそれ)はなんか怖いと言うか……嫌でした。だって、モアナが海に助けられてなければ死んでるようなことを何度もしてるでしょ!

 

マウイがテ・フィティのハートを盗んだと言うのも、女性への暴力を想起させるんですよね。それで最後、マウイは「俺のしたことは間違っていた。ごめんなさい」と謝罪し、テ・フィティははじめこそ、フン!と言う顔をしていますが、それを最終的には受け入れて、マウイに新しい武器(釣り針)を与えます。

 

一見ハートフルなエンディングなのだけど、深読みすると、女神がこのように何でも許し、与える存在であるみたいな描き方はどうなのかな?とも思いました。テ・フィティ、物分かりよすぎるでしょ。

 

まぁポリネシアを舞台とした物語が出たことは第一歩だと思います! 

 

評価

 

南の島美しい度 ★★★★★
モアナ可愛い度 ★★★★★
マウイウザい度 ★★★☆☆

 

 

 

*1:子供に刺青がダメとかじゃなくて、ポリネシアの人々にとって重要な意味を持つタトゥーを、衣装にするのは、その文化への尊敬がない、と言う内容の批判ね。同様のことは、他の民族衣装にも言われていて、頭に羽をつけてインディアンの格好!とか、日本の着物を着て芸者!とか、そーゆーのを他民族の人がハロウィンの衣装としてやるのはかなり批判の対象となります。これについては後日書こうかな。